【まるで動く窓】「デジ窓」で窓が無いお店にも開放感!内装用薄型デジタルサイネージのご紹介

商品説明

こんにちは!インクイットブログ担当です。開放感のあるお店って居心地がいいですよね。逆に閉塞感があると何だか窮屈に。。。今回はそんな課題をお持ちのお店やオフィスに解決アイデアのひとつをご紹介します。地下のお店やオフィスで窓の無い空間でももう閉塞感や圧迫感は与えません!

”デジ窓”の動画を見る

販促用デジタルサイネージとは?

窓が無いお店で閉塞感を感じる理由とは

窓のないお店

窓が無いお店はどうして閉塞感を感じるのでしょうか?その代表的な理由を挙げてみます。

  • 圧迫感:閉鎖された空間は心理的に圧迫感を与え、不安やストレスを感じやすくなる傾向があります。
  • 広がり感の欠如:外の風景が見えないため、空間が狭く感じられ、開放感が無くなります。
  • 自然光の欠如:外の光が入らないため、空間が暗く感じられやすく、沈んだ雰囲気になります。
  • 空間の単調さ:景色が変わらないため、空間が単調に感じられます。そして飽きやすくなります。

窓があるお店で開放感を感じる理由とは

大きな窓のある開放的な飲食店

逆に窓があるお店って開放感がありますよね!それは以下の理由からです。

  • 視覚的な広がり:窓から外の景色が見えることで、空間の広がりを感じられます。
  • 自然光の豊富さ:外の光が入ることで空間が明るく感じられ、自然な照明効果が得られます。
  • 景色の変化:外の景色や通行人の動きを見ることで、視覚的な変化があり、単調さを感じなくなります。
  • 時間感覚:外の変化を観察することで、時間の経過や季節感を感じることが出来ます。

窓が無いお店で開放感を出す方法とは

サイネージを設置した開放感のある店内

では窓が無いお店、例えば地下のお店などはどうやったら開放感を出せるのでしょうか?

  • 壁や天井にモニターを設置:自然の風景や外の景色を映し出すモニターを設置し視覚的な広がりを与え、動きを出すことで単調さを解消します。
  • 明るい照明を使用:自然光に近い明るい照明を使って、空間を明るく保ちます。
  • 鏡を活用:大きな鏡を壁に設置することで、空間を広く感じさせる効果を狙えます。
  • オープンなレイアウト:家具の配置を工夫して、オープンスペースを多く確保して圧迫感を減らします。
  • アロマや音楽の活用:リラックス効果のあるアロマや自然音を流すことで、居心地の良い空間を演出でき、開放感を与えます。

デジタルサイネージ(モニター)で解決できること

開放感のある風景
開放感のある風景

開放感を出す方法はいろいろとありますが、その一つにデジタルサイネージの活用があります。ではどのようにデジタルサイネージを活用したら良いでしょうか。その一例をご紹介します!

  • 自然風景の表示:海や山、森林などの自然風景を表示することで、視覚的に広がりを感じさせることが出来ます。
  • 窓のシミュレーション:窓からの眺めをシミュレートした映像を流すことで、実際に窓があるかのような錯覚を作り出します。
  • 動きのある映像:水が流れる映像や風に揺れる木々など、動きのある映像を表示することで、空間に動きを加えます。
  • 季節や時間帯に合わせたコンテンツ:季節の変化や時間帯に合わせて映像を切り替えることで、外の変化を感じさせることができます。
  • 広がりを感じさせるパノラマ映像:360度カメラで撮影されたパノラマ映像を流し、空間の広がりを感じさせます。

どういったデジタルサイネージを使えば良いか

サイネージで風景映像を流したり動きを出せば閉塞感を減らし、開放感を与えることが出来るのが分かったと思います。だけど、どういったデジタルサイネージを使えば良いのか気になりますよね!良くある金属の足が付いたゴツイタイプを選んでしまうと流す映像がいくら良くても逆に物理的な圧迫感が出てしまいます・・・

窓自体をデジタルサイネージで作ってしまう!という方法があります。

デジ窓導入イメージ

窓を作るといっても壁に大きな穴を空けるという訳ではありません。特殊な超薄型デジタルサイネージを壁に設置するだけで、まるで窓を設置したかのような見え方になります!見た目もスタイリッシュですね!風景を流すのも良し、時間や季節によって流す内容を変えるのも良し。リアルな風景をお届けします。また、映像を絵画やイラストに変えればアートな空間演出も出来ちゃいます。またサイズや向きを不規則に設置し、それらに流す映像を連動させると、あっと驚く洒落な演出が可能です。

新しい風景を連れてくる、デジタルウィンドウ「デジ窓」のご紹介

デジ窓

インクイットの運営会社「株式会社ビーアンドピー」ではデジタルサイネージを使って様々な空間の課題解決を提案しております。その中の1商品「デジ窓」をご紹介させていただきます!

デジ窓は簡単取付、超薄型モニターは圧迫感がなく、どんな空間にも溶け込みます。電源コード1本で使えるプレイヤー内蔵型で導入も簡単です。

”デジ窓”導入イメージの動画はこちら↓

また、価格表や各サイズなどのスペックを記載した詳しい資料をご用意しました。是非ダウンロードしていただきご確認ください。

実物を見てみたい!という方は、東京中央区の株式会社ビーアンドピーのショールームでご覧いただけます。ショールームは予約制となります。インクイットのお問い合わせフォーム・LINE・お電話で「ショールームの見学希望」とご連絡ください。また、ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せください!

インクイットブログ担当

インクイットブログ担当

インクジェットプリント・広告などの印刷に関するお役立ち情報やサイトからのお知らせを発信します!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP